ソエダ歯科HP

Archive for 9月, 2016

PostHeaderIcon 歯のお話⑭ 「動物と人間の歯」

動物はそれぞれの生活に適した歯のカタチと機能を持っています。

直接、生きることとつながっているから、歯を傷めると命にかかわります。

人間の歯も食べるためだけではなく、発音に影響しますし、咀嚼運動は

脳にも刺激を与えると言われています。また噛み心地によっては

味わいも変わるなど、歯の働きも多様です。

 

 「 トラ 」

「ガォー」と肉を食いちぎります。

トラの大好物といえば・・・そうお肉ですよね。

肉食動物のキバは犬歯(糸切り歯)が発達したもので、

食いちぎるのに適しています。

 

 

  「 リス 」

ガリガリ!ポリポリ!リスやビーバーなどの

げっ歯類は前歯がとても丈夫です。ドングリやかたい木をかじって、

歯がすり減っても、前歯(門歯)だけは伸び続けるので、

削れてなくなる心配はありません。

 

          「 ウサギ 」  

うさちゃんを正面からみると、上下の前歯が2本ずつ見えているので

げっ歯類と間違われやすいですが、実は、上の前歯2本の裏側には

小さな2本が重なってはえているので、「重歯目」に分類されています。

硬い牧草などを歯で擦り合わせて食べるため、歯がすり減ってしまいますが、

前歯も臼歯も伸び続けることにより、丁度良い噛み合わせを常に保っているのですね。

         

                              

「  ゾウ  」

大きな身体のゾウさんは、もちろん歯も巨大です。

奥歯は靴底のような形で長さ20センチほどもあります。

臼歯は一生のうち6回も生え換わります。

キバは犬歯ではなく、前歯が変化したものです。

 

 

   「 カタツムリ 」

カタツムリの歯の数は、なんと1万2千本もあります。

口の下側の少しつき出たところに、1列80本で150列生えています。

このたくさんの歯でペースト状にすりつぶして食べています。

 

    「 カメ 」

カメには歯がありません。しかしその分、アゴの肉が硬くなっていて

食事に困ることはないようです。スッポンは食いついたら雷がなっても

離れないと言われていますが、これは強力なアゴの力です。すごい力ですね。

 

    「 サメ 」

サメの歯は、6~20列の歯があり、獲物を捕る時に前列の歯が

割れたりすると自然に抜け落ち、代りに後列に控えている歯が、

ベルトコンベアー式に、どんどん前へと出てきます。

この様にしてサメは、2~3日ごとに歯を交換し、常に鋭い状態を保っているそうです。

このシステムによりサメは、一生の内に2万本以上の歯を使うと考えられています。

常に新しい歯で過ごせるなんて、人間の私達には、うらやましい話ですね。

PostHeaderIcon 平成28年 9月 矯正診療日

★ 矯正診療日

・ 9月     3日(土)        9時~17時

・ 9月    10日(土)        9時~17時

・ 9月    21日(水)      11時~17時

 

※矯正は 完全予約制 になっております。

カウンセリング・無料相談をご希望の方や、

ご予約の変更は、お電話でのみ 承っております。

( 添田歯科 06-6643-8148 )

なお、矯正治療は予約が大変込み合っており、

ご予約をお取りしにくい状況になっておりますので、

ご希望の日時がございましたら、お早めのご連絡をお願い致します