ソエダ歯科HP

PostHeaderIcon インプラント治療の世界最先端技術の導入

インプラント治療の成功率向上と、最適な治療プランの実現のために

        世界最先端の「光機能化技術」を導入致しました

 光機能化技術とは

インプラント材を従来より、タンパク質や細胞がなじみやすい、最も適した状態にできます

インプラント埋入後、より早く、より強固骨と接着することにより、治療期間が短くなり、

成功の確率も高まりました。インプラント材と骨が接着する力が、2.5~3倍上昇します。

 

インプラントの成功率がなぜ上がるのか

インプラント治療の成功には、あごの骨に埋められたチタン製のインプラントが

骨と強く接着することが必要なのですが、最近の研究で、現在どこのインプラント材料を

使用しても、製造されてからの時間が経過するに応じて、低下することが明らかとなりました

これをチタンの生物学的老化(チタンのエイジング)と呼んでいます。

しかし、現在のインプラントの製造販売ならびに

流通の過程を考えると、製造後すぐの新鮮な

インプラントを医療現場が入手し、手術することは

限りなく不可能に近いのが現状です。

そのチタン老化問題を解決するために、日米で共同開発

されたのが、最先端技術光機能化」です。

手術前に、チタン製のインプラントを光機能化することにより

インプラントを新鮮な状態に戻す事ができます。

 

 

 

  

  動画を再生して頂くと、老化したチタンと光機能化したチタンの違いがよくわかります。

YouTube Preview Image 

 

Comments are closed.