ソエダ歯科HP

Archive for 9月, 2011

PostHeaderIcon 読売新聞社発行「受けたい最新医療」に掲載中

9月29日(木)発売の「その病気には、この治療法! 受けたい最新医療101」に

ソエダ歯科医院が掲載されています。

当雑誌は、読売新聞東京本社版の夕刊で毎週大好評だった、歯科だけではなく

あらゆる病気の、最先端の治療法を紹介する記事を一冊にまとめた本です。

いのちを救う先進の技術、からだに優しい治療法、待ち望まれていた新薬などを、

専門記者が患者の立場にたって克明にリポートされています。

待合室においていますので、ご自由にお読みください。

 

【その病気には、この治療法!受けたい最新治療 101】

PostHeaderIcon 臨床器材研究所の夏季研修会にて講演をおこないました

平成23年9月3日(土)に臨床器材研究所にておこなわれた研修会で

講演予定の先生が、台風の影響により、やむをえず欠席となり、

急遽、ピンチヒッターということで、講演を務めさせていただきました。

PostHeaderIcon 歯のお話⑩ 「唾液の働き」

「唾液の働き」

唾液には、口の中だけではなく、体の健康に関わるさまざまな働きがあります。 

どれぐらいの量がでるのはてなマーク

1日で平均1000~1500mlの唾液を

大唾液線(耳下線、顎下線、舌下線)と

小唾液線(粘膜面に多数存在)から分泌しています。

どんな作用があるのはてなマーク

・自浄作用 ⇒ お口の中を綺麗にしています。  

   唾液の流れにより酸や細菌を洗い流します

・再石灰化作用 ⇒ 歯を修復しています。               

     酸で溶かされてしまったエナメル質を

     カルシウムやリンなどを再沈着させて、修復しています。

・緩衝作用 ⇒ 口の中のPH(酸性)を中性に戻します。

   飲食後の歯垢(プラーク)の細菌によって産生された酸を中和して、

   元の状態に戻します。

 ・消化作用 ⇒ 食べ物の消化を助けます。                      

   唾液にはアミラーゼ、リパーゼなどの消化酵素が含まれています。

・抗菌作用 ⇒ 微生物や菌とたたかっています。           

   抗菌作用を持つ物質(リゾチーム、ラクトフェリン、免疫グロブリンlgA等)作用して

  います。  その他にも、発声をスムーズにしたり、食物を飲み込みやすくしたり、

  味を感じさせたり、ムチン等の成分が粘膜の保護等、多くの働きをしています。

  

唾液をたくさん分泌させて、働きを十分発揮するためには、

楽しくおしゃべりをしながら、よく噛み、ゆっくりと味わいながら、

お食事をすることが、大切なことだと思います。

心がけていても、唾液が出にくく、口腔内が乾燥したり、

ネバネバする場合は、病気がかくれている可能性も

考えられるので、一度歯科医院で診察しましょう。