ソエダ歯科HP

Archive for 1月, 2008

PostHeaderIcon 最先端の「3DパノラマCT撮影装置」導入

merit-mainimg1.jpg

最先端テクノロジーの断層撮影Ⅹ線診断装置歯科用「3DパノラマCT撮影装置」導入しました!

以前は当院でも、インプラント治療など必要に応じて、

CT専門の病院等へ行って撮影してきて頂き、

診断結果が出るまで1週間程要していたのですが、

2008年1月の「3DパノラマCT撮影装置」の設置により、

初診の患者様でも当日中にCT撮影を行い、

診断結果を出す事が可能になりました。

8.jpg cas-img021.jpg

「3DパノラマCT撮影装置」ってどんな装置?

通常のレントゲン写真は2次元画像なのですが、CTは3次元画像で撮影できるので、骨の状態を立体的に捉えることができます。

歯科用に新開発されたCT装置のため、特に顎や顔面等の撮影専門に設計されており、顎の骨と歯の状態を特に詳しく診断できるようになりました。

それによりインプラント治療等も、より安全に安心して行うことが可能です。

放射線量は大丈夫

最先端の歯科用CT装置のため、医科用CT装置に比べ、放射量が飛躍的に減少しました。

どれくらい時間がかかるの?

撮影時間も数分と短く、撮影後すぐに画像をみることができるので、数十分後には診断結果を基にインフォームド・コンセントが行えます。

cas-img031.jpg